絶対に習慣化させるための2つのコツ【続き】



SPONSORED LINK

 

この記事からの続きです!

三日坊主に次ぐ!絶対に習慣化させるための2つのコツ

2018.05.03

 

今回は、前回の最後にお伝えした2つのコツ

  1. 環境を整える
  2. 習慣化させる仕組みをつくる

上記の内容について詳しくご紹介します!

環境を整える

わたしはまず、「環境を整える」ことを超絶おすすめします。

何でもやり始めの頃は、慣れるまで大変な思いをすることも多いです。だからこそ、最初にできるだけ「やろう!」とモチベーションが高まるような環境を整えられるのがベストだと思います。

ただし、ここでも注意しておきたいのですが、やりながら整えることが大切です。
環境づくりに励んで満足してしまう人がとっても多いので・・・(わたしもこのタイプでした)

さて、実際にどんなことをすればいいかというと、

  • 道具や材料を揃える
  • やれる場所や時間の確保
  • 具体的な目標の設定

ほとんどの内容は、上記に当てはめられると思います。

たとえば、「YouTubeで動画を配信する」ことだったら、

  • 道具や材料を揃える
    →機材(PC・マイク・カメラ・録音機材・編集ソフト)、音源、ネタ、衣装など必要なものを揃える

 

  • やれる場所や時間の確保
    →スムーズに取り組める撮影環境(自宅・レンタルスペース)を確保する、レンタルスペースを予約する、いつやるか?どのくらいのペースでできるか?どのくらいの時間が必要か?などを確認する

 

  • 具体的な目標の設定
    →「1ヶ月間、毎日更新する」「3ヶ月後までに〇〇PV・登録者数〇〇人を達成する」「「〇〇の内容の動画を10本出す」「〇〇の実況動画をラストまで配信する」など明確な目標を決める

 

こんな感じでしょうか?

道具や材料を揃える

まず、最初に必要となる道具または材料ですが、長期的に継続したいと思っていることなら、「安いもの」よりも「使いやすいもの」に初期投資することをおすすめします。

理由は、何よりも作業がスムーズにできることが大切だから。

ここからは、わたしの例をもとにお話ししますね。
当ブログはワードプレスを利用して作成しているのですが、ワードプレスといえば、いろんなカスタマイズができたり、デザインに凝ったりできるところが素晴らしい点なんです。
逆に言うと、「自由すぎる」ブログともいえます。初心者が0からサイトを作り上げようとすると、相当な知識と労力が必要になってくるんです。

わたしはもともとWebの知識が少ないので、即刻「テーマ」というものを導入しました。
これを入れると、簡単に見栄えのいいデザインが作れて、サイトが格段に編集しやすくなるんです。

わたしは、カスタマイズしたかったのではなく、スムーズに記事を書きたかったので、約一万円の有料テーマを購入。そこそこのお値段だな〜と感じるかもしれませんが、それでさっとサイトが出来上がって、すぐに執筆に専念できるなら、安いもの。
・・・というか、たぶん自分でやっていたら今頃挫折していたでしょう(^^;)

しおん
やらなくてもいい苦労はしない主義です。
結果、やはり最初からデザインが整っている状態で記事を書き始められたので、「ここに早く記事をアップしたい!」という気持ちになり、めちゃくちゃモチベーションも上がりました。

先ほどYoutube配信の例を出しましたが、たとえば機材やマイク、ソフトなんかも、同じことが言えます。

「高いものを買うべきだ!」とか「無理してでも買え!」というわけでは決してありません。
自分の出せる範囲で、一番高性能な道具や材料を揃えてみるのはいかがでしょうか?

行動や時間の質、またモチベーションを上げるためにも、いいものを選ぶというのは継続するための大切な要素になると思います。

やれる場所や時間の確保

これは、このあとの仕組みづくりにも関わってくる内容ですね。

雑然としたデスクを整理整頓したり、スペースを確保したり。自宅でなくカフェやレンタルスペースでやる場合もあると思いますが、とにかく “いつでもできる” とか、 “ここだったら集中できる” という環境をつくりましょう。

大事なのは、言わずもがな「集中できる環境であること」です。

また、自分のスケジュールを見直すこともポイントですね。
明らかに時間に見合わない大量のタスクをかかえながら、新しいことを始めようとしているのなら、まず本当にやるべきタスクなのか?減らせないか?を考えてみましょう。

ジェンガを想像すると分かりやすいのですが、今日までの生活習慣は、積み重なって出来ているものであり、基本的には凸凹していようが、うまくバランスをとっている状態なんです。(すでにグラグラしていないことを仮定して!)
でも、そこに新しい積み木をどーんと乗せるとしたら・・・当然ですが、生活が変わるのですからグラつき始めますよね。そのままどんどん乗せ続けたら、いつか倒れる可能性が高い。習慣化させる前にログアウトしてしまっては困りますよね。

だから、新しいことを始めるときは、必ずスケジュールを見直しましょう。
「1つ増やすなら、1つ減らす」と考えると分かりやすいと思います。

あとは、見積もりに注意!自分がいつも100%のパフォーマンスでできるとは限りません。
もし風邪を引いたとしても、こなせる!?くらいの見積もりでちょうどいいかもしれませんよ。

具体的な目標の設定

目標を決める主な目的は、モチベーションの維持生産性を上げるためです。

「さっきからモチベーションとか言ってるけど、結局は根性論?」と思っている方もいるかもしれませんが、気合いでなんとかするのは「どっこいしょ」で、モチベーションは「よっ」って感じでしょうか(笑)

モチベーションは、取り組むまでのハードルを低くしてくれたり、自然にやろうと思わせることができたりするものだと考えていただければと思います。

自分がジョブズになったような気持ちで、最高のパフォーマンスを引き出せるような目標を決めましょう。

設定した目標が具体的であればあるほど、目標を叶えられる確率と生産性が上がることは、世界中の研究でもよく証明されています。その生産性の向上具合は、驚くことなかれ、約4倍という結果も存在します。

なぜかというと、ゴールまでのプロセスが明確になったことで、より自分ゴトに感じられるから。
「◯◯日までに、これを達成するには、何をしたらいいだろう!?」と考えながら行動するようになるので、ぜひ具体的な目標をつくってみてください!

習慣化させる仕組みをつくる

さて、ここまでは2つのコツのひとつ「環境を整える」についてお話ししました。

もうひとつは、仕組みづくりです!
簡単に言うと「自分が続けざるを得ないような工夫をする」ということです。

前回の記事の冒頭でもお伝えしたように、人は必要に迫られない限り、行動しづらい生き物です。

しかも、人の脳は「新しいこと(=変化)が起きないように、気持ちを抑制させる働き」を備えているそうです・・・なんと恐ろしい防衛本能でしょう( ゚д゚)
そう考えると、三日坊主の原理って、あながち間違いじゃないんですよね。

まぁ、そうはいっても習慣化したいわけなんですけれども、そんな本能レベルとわたしたちは戦わなくちゃいけないんです。それほど大変だということはお判りいただけたでしょうか。

だからこそ、気合いだけじゃダメなんです!
知恵を使いましょう、知恵を。

たとえば、

  • これが終わるまで、家に帰れない!と決める
  • 仲間をつくる
  • 事前予約をしておく
  • 周りの人たちに大々的に目標を宣言する
  • 友人に協力してもらい、毎日報告のLINEを送る
  • ルーティーンをつくる
  • 誘惑されそうな原因を断ち切る

このような仕組みをつくるとおすすめです。

罰ゲームが面白いとか、追い込まれてやるタイプの人は「キャンセルできない状況をつくる」
周りの応援や見守りで頑張れるという人は周りを巻き込む
淡々とこなしていくのが好きなら「生活習慣に組み込む」パターンがいいんじゃないでしょうか?

断りにくい性格、ドM、意識高そうな感じでやりたい、とかいう風に人それぞれ自分をコントロールできるポイントが違うと思うので、それを最大限に活かしましょう!

ルーティーンは、たとえば朝起きて→歯磨き→トイレ→朝ごはん・・・という流れがあったとして、トイレと朝ごはんの間に取り組もうと思ったら、トイレの壁に目標とか今日やるべきことを書いた紙を貼り付けておくとか、ダイニングテーブルにさっと始められるセッティングができているとか、何かしらの誘発要因を組み込んでおくと行動する確率が上がります。

上記の中でみんなにやってほしいのは、最後の

  • 誘惑されそうな原因を断ち切る

ですね。集中して効率的にやりたいなら必須といってもいいでしょう。
電子機器の電源OFF、なんならコンセント抜いちゃう、漫画やゲームは見えない収納場所へどうぞ。

みんな、きっとできる

以上、絶対に習慣化させる2つのコツでした!

三日坊主がコンプレックスだったわたしが継続できるようになった嬉しさを、あなたにも感じて欲しいと思って記事にまとめてみました。できそうなことがあったら参考にしてみてくださいね♪

また、新しく始めたことや継続中のものがあれば、しおんに報告してくれると嬉しいです!
全力で応援しますっ*\(^o^)/*

 

Shion




SPONSORED LINK