毎日を軽やかに過ごすための4つの秘訣

 

どうも、しばらく体調が良好で嬉しい、しおんです。

わたしは小さい頃から風邪を引きやすいタイプで、大人になってからも、ちょっと調子が悪くなり始めるとすぐに体調を崩していました。

ですが、あることを意識して試してみて以来、しばらく風邪を引いていないんです!
健康は『生きる資本』ですから、普段から整えておいて損はありませんよね。

 

今日は、わたしが実践している『心と身体を軽くする方法』をお伝えします。
心身が軽くなれば、風邪を引かないというだけでなく、何かに取り組む意欲も上がりますよ!

 

ちなみに、ここで取り上げる内容は、よく耳にする基本的なことばかりです。
でも、「あーはいはい知ってるよ」「結局いつもできないんだよね〜」で終わらすのではなく、「どの方法なら取り入れられそうと思えるか?」「どうやって毎日の生活に組み込むか?」というところに焦点を当ててほしいと思います。

 

『習慣化させるコツ』を知りたい方は、こちらの記事を参考にどうぞ ↓

三日坊主に次ぐ!絶対に習慣化させるための2つのコツ

2018.05.03

1.睡眠の質をあげる

わたしが参考にしている「朝5時起きが習慣になる5時間快眠法」という本によると、

睡眠は、「時間」×「質」のかけ算で決まる。

とのこと。

「たくさん眠ればいいのかというと、そんなことはない」という事実は、あなたも経験済みですよね。寝すぎると頭がガンガンしたり、余計に一日中眠くなったり、ぼーっとしてしまったり…
せっかく休んでも、これではもったいなすぎます!

たくさんの時間をかけるくらいなら、まずは質を重視しましょう。
睡眠の質が上がると、身体がとっても軽くなりますよ♪

  • 自分に合った枕と布団を揃える。
    →実はベッドよりも枕や布団選びが重要だという研究結果が!枕はタオルで高さを調節してみてください。最悪タオルを枕にしても◎。布団は重たいものの方が安眠を促してくれるそうです。
  • 温度を気にかける。
    →暑すぎて眠れない&寒すぎて起きられないという時のために、エアコンのタイマーを設定しましょう。この一手間で、快眠率が爆上がりです。
  • 夜寝をしない。
    →帰宅したあとの「このまま寝てしまいたい」という抗えない欲求が一番厄介です。昼寝は大丈夫ですが、夜8時以降の夜寝は確実に睡眠の質を落とします。寝てしまいそうならソファでごろんしない!お風呂に入る!なんかわくわくすることやる!みたいに、『眠くなったらこうする』という行動パターンを予めつくっておきましょう。

  • 朝ごはんをしっかり食べる。
    →朝型の人は、朝日を浴びて朝ご飯をしっかり食べるから。夜型の人は、夜にブルーライトを浴びて夜ご飯をしっかり食べるから。人間の体内時計は、太陽光と食事でしかリセットできません。わたしも以前は夜ごはん大好き人間でしたが、朝ごはんの量を一番多くしたら簡単に朝型になりました。お試しあれ。
  • 寝る1時間前は眠くなるための儀式をする。
    →身体を緩ませるために、一旦緊張状態をつくるのをおすすめします。全身にぐっと力を入れたり足を床から浮かせたりして、7秒くらいキープしたらストンとおろす。簡単にできるので、わたしは寝る直前にやっています。あとは読書したり、ストレッチしたり…電気やブルーライトは消すなり暗くするなりして、なるべく控える努力を!

……もういっそのこと、世界の超エリート(語彙力)の仲間入りを果たしたみたいなイメージで、「瞑想タイム」「アフォメーションの時間」「自分のためのファビュラスな◯分間」という何も考えない時間、楽しいことを想像をする時間を睡眠の前後に取り入れてみるのも面白そうですね!

10分間だけだったらそこまで日常生活に支障をきたすことはないですし、この習慣からパフォーマンスが上がれば、それ以上の価値は充分にあるかと思います。

 

睡眠についてもっと詳しく知りたい方は、先程紹介した本もぜひ読んでみてください。
分かりやすく実践しやすい情報がたくさん載っているので、わたしも参考にさせてもらっています!

2.疲れが溜まらない食事にする

『一日の疲れを食事で発散!』という気持ち、よく分かります。わたしも疲れるとホールケーキが食べたくなりますから。

ただ、快楽食ばかりだと胃腸が休まらないので、体の疲労は溜まっていく一方です。
なので普段の何でもない食事は、きちんと体の疲れをとる食事にしておくことをおすすめします。
ハレの日に思いっきり食事を楽しむために、メリハリをつけるということですね!

 

わたしは、毎日『寝かせ玄米』生活を送っているのですが、無理なく継続できて最高ですよ(*^o^*)
寝かせ玄米についてはこちらの記事で詳しく説明しています↓

寝かせ玄米生活で美と健康に自信を取り戻そう!

2018.02.21

ざっくりいうと、毎日食べている白米を玄米に変えて、食べ終わるまで炊飯器で保温しっぱなし。
玄米と言えども美味しくもちもちに炊けるので、白米大好きなパートナーとも毎日食べられています!

  • 玄米菜食をベースにする
    →玄米6:野菜3:肉魚1の割合を意識して、負担がかかるものを食べ過ぎない。特に、お肉の食べ過ぎは身体と頭をめちゃくちゃ重くします。普段はほどほどにしておきましょう。ちなみに糖質制限ダイエットをするくらいなら、ちゃんとお米を食べて規則正しい生活に変える方が遥かに痩せますよ。
  • よく噛む
    →唾液が分泌されることで、体内の自律神経を整える効果もあると言われています。特に玄米などは食物繊維が豊富な分、消化もしづらいので、よく噛むようにしましょう。健康に気を遣いたいなら、まずはゆっくり噛むことから!
  • 寝る3時間前にご飯を済ませる
    →仕事が遅い人でも、休憩時間に半分の量を食べておくなど、工夫してみましょう。寝る前の食事量によって、朝の目覚めがリアルに3倍くらい違ってきます。即効性も抜群なので、取り入れない手はありませんよ!

3.自分がリフレッシュできる運動をする

わたしの場合は、ヨガやウォーキング、水泳ですね!

健康という観点から運動のメリットを考えると「適度な疲れ」「血行促進」「代謝」ではないでしょうか。過度に体力を消耗したり道具を使ったりしない運動は、続けやすいのでおすすめです。

 

たとえば、ヨガ。ほんのちょっとやるだけでも体が軽くなるし、あったまりますよ。

わたしが以前声優として活動していたとき、毎朝腹式呼吸をやっていたんですが、それだけでもすごく心身ともにエネルギッシュになれていた気がします。ヨガはそんな呼吸法と組み合わせられているので、頭を空っぽにしたい時や精神統一にもぴったり。

なおかつ、体が固くてもできる&家でもできるっていうところが素晴らしい!
わたしは体がめちゃくちゃ固くて、ジムとかにも行きたくないという典型的な面倒くさがりなんですが、ヨガなら簡単にできるんですよね。
あるとき「手足が冷えてしょうがないんだよね〜」とヨガを習っている母にぼやいたら、「じゃあこの動きとかやってみなよ、全然違うよ」と言われたことがあり。

しおん
いやいや、それだけで改善されたら苦労しないわ!

って疑いつつ試してみたところ、5分もしないうちに足がポカポカになって衝撃的でした!
しかも、なんか身体まで軽い。

 

それ以来、わたしは自己流でヨガをやっています♪
自己流といっても、最初はよく分からなかったので、以下の2冊を参考にやっていました。
どちらも超実践編という感じで、すぐに活用できる内容になっています!

 

また、天気がいい日はウォーキングもおすすめです。
午前中から一歩外に出るだけでも、思いのほかリフレッシュできますよ。ワンちゃんなど飼っている方は、お散歩がてら。新たな出会いが生まれるかもしれません。

ワンチャン恋に発展したりして……ワンちゃんだけにね☆

……運動は、心の健康のためにもおすすめです!
自分が楽しく続けやすい運動にトライしてみましょう\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

4.自分が気持ちよく過ごせるように工夫する

健康とは、身体の健康だけではありません。
忙しい現代社会ですから、心の休息やリフレッシュも大切です!

 

とはいえ、わたしはどちらかというと自分を休ませることが苦手なタイプなんです(^_^;)
以前は、うまくストレスを発散する方法が全く分かりませんでした。

そんなわたしが発見した精神衛生上よさそうな工夫(?)とは…

  • 嫌なことは瞬殺する
    →わたしは嫌なことは先延ばしにするタイプですが、そうやって放置していると精神安定と思考が蝕まれるということに、24歳になってやっと気付きました。何か嫌な案件が発生したら、1秒でも早く瞬殺する!という意気込みでいるようにしたら、想像以上に快適になりました……!
  • テンションが上がるものを知る
    →音楽が好きなら、テンションがブチ上がる曲を選抜する。インスタグラムで自分がトキめく写真を眺めまくる(余計に疲弊するSNSは見ないこと!)。持っているだけでテンションが上がる物を身につける。わくわくする、エネルギッシュになれる場所に通うなど。
  • モヤモヤしたことはとりあえず紙に書く
    →頭にモヤモヤが残るなら、紙に記憶してもらえばいいじゃない。とりあえず書くことで、頭が整理されます。わたしはPCより紙に書く方がすっきりする派です。
  • 誰かに悩みを聞いてもらう
    →悩みって、解決しようがしまいが、誰かに話すだけでガス抜きできるんですよね。わたしは一人で解決しようとしがちなんですが、できるだけ身近な人に話すようにしたら、とても気分転換になりました。迷惑だと思って抱え込み続けるより、話してすぐに元気になれた方が周りも嬉しいですしね!
  • 気分転換できる趣味を集める
    →ごろごろするだけが休息ではありません。人は新しい体験をすると、エネルギーチャージできるらしいので、わたしは外出して気分転換することが多いです。家の中でも、本を読んだり、ためになる動画を見たり。気分転換できるものは人それぞれ違うので、あなたもいくつか見つけてみては?

 

以上、心身を軽くする4つの秘訣でした!
あなたもできそうなことから、ぜひ試してみてくださいね♪

しおん


スポンサーリンク