【タロット初心者の冒険】学習2日目にして、いきなり衝撃の事実が判明。



SPONSORED LINK

 

前回の記事の続きです。

ーーー様々な大人の事情の末、タロットを学び始めた長谷川紫音(本名)。
開始から2日目にして、驚くべき発見の連続に遭遇するのであった。ーーー

タロットはカードゲームだった!?

鏡リュウジさんの記述によると、

“もともと、タロットのルーツはトランプと同じで、イスラム起源の4つのスート(組)からなるカードゲームだった。”           p,10~11『鏡リュウジの実践タロット・リーディング』より

なんと、タロットは本来オカルトや神秘的な要素が含まれたものではなく、カードゲームとして作られたらしい…!いきなり衝撃の事実。

サロンにボードゲームのメニューを取り入れたい自分としては、ゲーム繋がりで、なんだかそれだけでちょっと縁を感じてしまいました。

そして、

“ゲームであるからには、誰にでもすぐにわかるモチーフが採用されるのが道理である。そこで利用されたのは、「皇帝」や「教皇」といった当時の社会的な役職、そして当時流行していた「寓意画」の伝統だった。”               p,11『鏡リュウジの実践タロット・リーディング』より

タロットといえば、あの独特な絵柄。最初はただ 「怪しそう…」 というイメージが強かったのですが、なるほど、変なオカルト占い師 (失礼) が生み出したというわけではなく、当時の情勢や伝統から描かれたものなんだ!と分かりました。何故かひと安心。

 

↑左から「吊られた男」「教皇」「隠者」「運命の輪」。一番左の堂々っぷりがヤヴァイ。

もし、わたしが絵を描くことになっても、そこに突拍子もなければ前例もないようなインスピレーションの産物を描くことは難しそう。きっと無意識に刷り込まれている常識や価値観、情勢や暮らしぶり、理想や人生哲学などが反映されるからこそ、みんなに愛されるカードゲームになるのでしょう。

そう考えると、タロットをただの「占いの道具」だと決めつけるのは浅はかすぎるなぁと思いました。

わたし自身はもともと過去から学ぶタイプではないのですが、タロット開発当時の人々が発見した普遍的な諸行無常や人生哲学といったものも素直に感じ取れますし、また、現代のわたしたちの感覚からタロットに新たな解釈を見い出すこともできます。

つまり、タロットから「これからの人生をどう選択していくか」というヒントを学べるのです!!!

賢い人や成長スピードが早い人ほど、どんな些細な出来事からも何かしらのヒントや学びを得て、人生に活かしているのは間違いありません。

これからは「どんなメッセージが隠されているんだろう?」とわくわくしながら、それこそゲーム感覚で楽しく向き合ってみようと思います!

スピリチュアルは、怖くない。

超☆唐突ですが、人間の心は弱いです。

孤独は寂しいし、放っておくと怠惰になるし、他人に憎しみを抱えたり、暴走したり、くよくよしたりします。それは、スピリチュアル的なものを信じていようと信じていまいと、みな同じ。

わたしも、占いや宗教に盲信的になるのは恐ろしい!!!と思いながら、「運」や「恋」や「縁」などは自然に信じて生きているんですよね。あと、誰かを怒らせた時にひしひしと感じる「黒いオーラ」とか(笑)
他にも、『星の王子さま』の「大切なものは目に見えないんだよ」という言葉も大好きですし、今では量子力学という目に見えないものが科学的に証明される時代にもなりました。

それに、自分が選択してきた人生だって、すべてが思い通りに進んだわけではなく、むしろ理論的に説明できないことの方が多い気がします。
「だって、なんかそうなったんだもん(適当)」です。

だから、結局は、信じてるものが違うだけなんだなと。スピリチュアル的なものはなんか怪しいけど、自分が信じているものはいいものだって、決めつけていました。

だけど、何をどのくらい信用しているかっていう差くらいで、いつの時代の人もみんな何かを信じてるし(ややこしくなるけど、何も信じないということを信じている人もいる)、何かに悩んでいる、同じ人間なんだと気付きました。

う~ん。タロットを通していろんな発見がありますね!

タロットの活かし方。

冷静に考えると、わたしたちは解明不能の地球上に、奇跡的に生きのびて、目の前のちっちゃ~いことで一生懸命になっているんですよね。なんて可愛い存在なんでしょう(笑)

世界はモノホンのワンダーランドであり、明日には何がどこでどう反応して、どんな変化が待ち受けているかは分かりませんが、自分の人生は自分の選択の積み重ねで成り立っているということはたしかです。

  タロットがわたしたちの人生の舵をとることは決してありませんし、できません。しかし、迷ったときや悩んだときに、タロットから何かしらのヒントや気付きを得るというのは、悪くないと思いました。

まとめ

タロットは、まさに人生哲学やヒントの宝箱や〜〜!!!

ということです。うん。それが言いたかっただけです。すみませんでした。

わたしの人生とタロットが、今後どんな関わり合いを見せるのか?それはわたしにも未知の領域です。
そんなわけで、明日からもじっくりタロットを紐解いていきたいと思います!

今回ご紹介している『鏡リュウジの実践タロット・リーディング』も、さらに面白い情報がたくさん詰まっていますので、気になった方はぜひ一度読んでみてください\\\\٩( ‘ω’ )و ////

Shion




SPONSORED LINK